公益社団法人 させぼ夢大学 公式ホームページ

させぼ夢大学について

1.経 緯
 平成4年6月、佐世保ならではの文化づくりを進めるため、自ら学び、考え、行う生涯学習の場としての手作りの市民大学「させぼ・ふるさと夢大学」を佐世保市の支援を受け創立する。3年間の運営が軌道に乗り、平成7年度からは「させぼ夢大学」と改称し、 27期目を迎えた。市民のための、市民による、市民大学として更なる発展を期している。創立以来、有志スタッフによる運営を行っている。
 平成23年4月 一般社団法人へ。平成25年10月 公益社団法人となる。

2.事業内容
 ○文化講演会の開催
  ・各界の一流の講師を招き、年10回の講演会を実施 
  ・平成4年6月~29年12月(266回)
 ○地域社会への文化活動への協力
  ・夢のひろば
   (講演会前20分、地域の個人・文化団体へ学習発表の場としてステージを提供)
  ・折紙教室(学校、公民館等で、有資格のスタッフがバラ等の折紙を指導)
  ・毎年12月 アルカスSASEBOロビーにて「バラの折紙ツリー」を展示
 ○その他
  ・長崎県地域文化章受章(地域文化活動によるもの/平成11年)
  ・佐世保文学賞特別賞受賞(させぼ歴史・文化夢紀行出版/平成14年)
  ・「西海国立公園指定50周年」記念曲「九十九詩人」制作/平成17年
  ・「九十九詩人」歌碑 建立(させぼ夢大学創立15周年記念/平成19年)
  ・「羽田健太郎追悼チャリティーコンサート」開催/平成19年12月
   (募金の全額約57万円を佐世保市文化振興資金へ寄付)
  ・アルカス時計台寄贈/平成22年1月   ・佐世保市政功労賞受賞/平成22年4月
  ・「九十九詩人」歌碑 展海峰展望台に建立(させぼ夢大学創立20周年記念/平成23年4月)
  ・「創立20周年記念 市民2000人招待コンサート」開催/平成23年10月
  ・柳田邦男氏 教育講演会/平成27年8月
  ・熊本地震に会員より義援金を贈呈/平成28年4月
  ・「創立25周年記念 特別講演会(桂文枝氏)」開催/平成28年8月
3.会員数
  2000名(毎年度新規公募・毎年1月に新聞折込チラシにて募集)