公益社団法人 させぼ夢大学 公式ホームページ

講演会(28期予定) - 平成31年度 -

平成31年04月18日(木) -272回-  講演終了  


 
ジャーナリスト
長谷川 幸洋
はせがわ ゆきひろ

安倍政権と今後の日本
●1953年千葉県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、ジョンホプキンス大学高等国際問題研究大学院で国際公共政策修士取得。77年中日新聞社入社、東京本社(東京新聞)経済部、ブリュッセル支局長、論説副主幹を経て2018年3月退職。ジャーナリストとして活躍。財政制度等審議会臨時委員、規制改革推進会議委員等歴任。「日本国の正体 政治家・官僚・メディア」「明日の日本を予測する技術」等著書多数。ネットやテレビ「そこまで言って委員会NP」でも活躍中。



平成31年05月16日(木) -273回-  


 
元 大阪市長
橋下 徹
はしもと とおる

次世代のために、今できること
●1969年東京都出身。94年早稲田大学政治経済学部卒業後、司法試験合格。97年弁護士登録。2003年テレビ「行列のできる法律相談所」「たかじんのそこまで言って委員会」でレギュラー出演。08年38歳で大阪府知事就任。その後、大阪市長、国政政党代表などを歴任。15年市長任期満了で退任。現在は、テレビ番組出演や講演、執筆活動等多方面で活躍中。近著に「憲法問答」あり。



平成31年06月20日(木) -274回-  


 
スポーツキャスター
大林 素子
おおばやし もとこ

マイドリーム
●1967年東京都出身。八王子実践高校卒業後、86年日立入社。88年ソウル五輪、92年バルセロナ五輪出場。95年イタリア セリエA・アンコーナーに所属し日本人初のプロ選手となる。帰国後96年アトランタ五輪出場、97年引退。テレビ「ワールドグランプリ」他のキャスター解説。舞台・ドラマ出演、各種講演会、「バレーに恋して」の書籍出版等活躍中。現在日本スポーツマスターズ委員会シンボルメンバー、JVA(日本バレーボール協会)広報委員等を務める。



平成31年07月18日(木) -275回-  


 
デザイナー
コシノ ジュンコ
こしの じゅんこ

美しい日々の過ごし方
●大阪府岸和田生まれ。60年代より数々のグループサウンズの衣装で活躍。78年から22年間、パリコレクションに参加。85年北京での中国最大のショウをきっかけに、NY(メトロポリタン美術館)、ベトナム、キューバ、ポーランド、ミャンマーなどでファッションの枠を超えた日本文化を発信するショウを開催してきた。DRUM TAOの舞台衣装や琉球海炎祭、花火のデザインも手がける。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会文化・教育委員、2025年国際博覧会誘致特使。2017年文化功労者。



平成31年08月22日(木) -276回-  


 
法政大学総長
田中 優子
たなか ゆうこ

グローバリゼーションの中の江戸
●1952年横浜市出身。法政大学卒業後、同大学講師・助教授・北京大学及びオックスフォード大学研究員を経て教授、2014年総長就任。近世の文学を専攻。江戸時代の美術、生活文化、海外貿易、経済、音曲等に続き、中国・インド・東南アジアと江戸文化との交流を比較研究。江戸の価値観から見た現代社会の問題にも言及。行政改革審議会委員、文部科学省文化審議会委員、毎日新聞書評委員等歴任。05年紫綬褒章受章。「江戸の想像力」「自由という広場」等著書多数。



平成31年09月19日(木) -277回-  


 
落語家
三遊亭 円楽
さんゆうてい えんらく

笑いは心の糧
●東京都両国生まれ。1970年青山学院大学在学中に五代目三遊亭圓楽に入門。77年27歳で笑点の大喜利レギュラーメンバーに抜擢される。79年放送演芸大賞最優秀ホープ賞受賞。81年真打昇進。92年国税庁長官より表彰を受ける。2010年六代目三遊亭円楽を襲名。テレビ「笑点」・「笑点特大号」・「ごごナマ」火曜レギュラー出演。「失敗しないスピーチ・あいさつ実例百科」「楽太郎と税を語る」等の著書あり。ゲートボールは40年以上のキャリアを持つ。



平成31年10月17日(木) -278回-  


 
スポーツ評論家
玉木 正之
たまき まさゆき

オリンピックから世界の未来が見える
●1952年京都市生まれ。東京大学教養学部入学後、在学中より東京新聞で執筆開始。以後、雑誌「週刊ポスト」「週刊現代」「GORO」「Number 」「文藝春秋」「新潮45」や、朝日・読売・毎日・日経等の新聞で執筆活動。日本で最初のスポーツライターを名乗る。「音楽の友」「CDジャーナル」等で音楽評論、映画評論も手がける。立教大学大学院及び筑波大学大学院非常勤講師、石巻専修大学客員教授。「スポーツとは何か」「スポーツ解体新書」「クラッシック道場入門」「オペラ道場入門」等著書多数。



平成31年11月28日(木) -279回-  


 
ハープ奏者
池田 千鶴子
いけだ ちづこ

フリーインプロヴィゼーションからのメッセージ ~その先へ~
●東邦音楽大学ピアノ科卒業後、武蔵野音楽大学ハープ科卒業。国内外で「命の重さ・素晴らしさ」への思いをハープに託し、コミュニケーションと癒しで積極的な社会活動を続けている。97年JICA25周年記念プログラム演奏。2000年カーネギーホールでのソロ演奏・ヒーリングサウンドコンクール・祈りのフォーラム、NYテロ1年レクイエム(以上アメリカ)、平和への祈り(ローマ)でのコンサート実施。国連NGOのISSJ(日本国際社会事業団)評議委員を務める。



平成31年12月19日(木) -280回-  


 
作 家
浅田 次郎
あさだ じろう

人生いかに学ぶか
●1951年東京都出身。陸上自衛隊除隊後、投稿を続け91年「とられてたまるか!」でデビュー。95年「地下鉄に乗って」で吉川英治文学新人賞、97年「鉄道員(ぽっぽや)」で直木賞受賞。「壬生義士伝」など時代小説の他、「蒼穹の昴」「中原の虹」など清朝末期の歴史小説も含め、長編小説や短編集・エッセイ等多数を出版。又、映画化、テレビ化された作品も多い。2011~17年日本ペンクラブ会長。直木賞・柴田錬三郎賞・山本周五郎賞等選考委員を務める。



平成32年01月16日(木) -281回-  


 
元 厚生労働省事務次官
村木 厚子
むらき あつこ

ゆっくりでも花はいつか開く
●1955年高知県出身。高知大学文理学部卒業後、78年労働省入省。障害者問題をライフワークとし、雇用均等・児童家庭局長、内閣府政策統括官(共生社会政策担当)、厚生労働省社会・援護局長、のち事務次官。2010年凛の会事件にまきこまれ無罪判決を受ける。退官後は伊藤忠商事取締役、住友化学取締役、SOMPOホールディングス監査役、大妻学院理事等歴任。著書に「あきらめない― 働くあなたに贈る真実のメッセージ」「日本型組織の病を考える」等がある。