公益社団法人 させぼ夢大学 公式ホームページ

講演会(30期予定) - 令和3年度 -

令和3年04月15日(木) -292回-  講演終了  


 
立命館大学客員教授
薮中 三十二
やぶなか みとじ

世界に負けない日本― 国家と日本人が今なすべきこと
●大阪府生まれ。外務省入省。1973年コーネル大学卒業。韓国、インドネシア、米国にて在外公館勤務、北米局第二課長、国際戦略問題研究所(ロンドン)、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部公使、在シカゴ日本国総領事、アジア太洋局長、外務審議官、外務事務次官などを経て、現在、立命館大学客員教授、大阪大学特任教授。また、グローバル人材を育成する私塾「薮中塾グローバル寺小屋」を主宰している。主な著書に、「世界基準の交渉術」「世界に負けない日本」など多数あり。



令和3年05月30日(日) -293回-  講演終了  


 
脳科学者
中野 信子
なかの のぶこ

脳を科学する ―世界に通用する人がいつもやっていること―
●東京都出身。東京大学工学部応用化学科卒。同大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。フランス国立研究所にて博士研究員として勤務後、帰国。2015年東日本国際大学教授に就任。現在、脳や心理学をテーマに研究や執筆活動を精力的に行い、科学の視点から人間社会で起こりうる現象及び人物を読み解く語り口に定評がある。メディアでは、テレビ朝日「ワイド!スクランブル」、NHK BS プレミアム「英雄たちの選択」、フジテレビ「ホンマでっか!?」等に出演。小説新潮に「孤独な脳、馬鹿になれない私」を連載中。



令和3年06月17日(木) -294回-  講演終了  


 
タレント
西川 きよし
にしかわ きよし

人生は小さなことからコツコツと
●高知県出身。1963年、石井均に師事。1964年、吉本新喜劇に研究生として入団。1966年、漫才コンビ「横山やすし・西川きよし」を結成。テレビ番組「素人名人会」「パンチDEデート」「プロポーズ大作戦」の司会を務めるなど、やすきよブームを巻き起こす。上方漫才大賞、文化庁芸術祭優秀賞、ほか受賞歴多数。1986年、参議院議員選挙に初当選し、3期18年の議員生活を務める。2016年、旭日重光章を受章。2019年、芸能生活55周年を迎えた。2020年、文化功労者に選出された。現在も劇場出番をはじめ、テレビ、ラジオで活躍中。



令和3年07月15日(木) -295回-  講演終了  


 
宇宙航空研究開発機構 シニアフェロー
川口 淳一郎
かわぐち じゅんいちろう

やる理由こそが発想を生む―はやぶさ2の新しい挑戦
●京都大学工学部卒。宇宙工学者、工学博士。2011年9月まで月惑星探査プログラムディレクター及び「はやぶさ」プロジェクトマネージャーを務めた。現在、宇宙航空開発機構宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系特任教授。2011年よりシニアフェローを務める。ハレー彗星探査機「さきがけ」、工学実験衛星「ひてん」、火星探査機「のぞみ」などのミッションに携わり、小惑星探査機「はやぶさ」では、プロジェクトマネージャーを務めた。



令和3年08月07日(土) -296回-  講演終了  


 
作家
竹田 恒泰
たけだ つねやす

古事記から学ぶ日本の未来
●明治天皇の玄孫にあたる。慶応義塾大学法学部法律学科卒。2006年「語られなかった皇族たちの真実」で第15回山本七平賞を受賞。「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」「現代語古事記」など多数の著書を上梓している。また、全国17ヶ所で「竹田研究会」を開催している。



令和3年09月16日(木) -297回-  講演終了  


 
放送作家・小説家
百田 尚樹
ひゃくた なおき

これからの日本に必要なもの― 小説家百田尚樹の視点
●1956年大阪市出身。同志社大学中退。関西の人気番組「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送)のチーフ構成作家を30年にわたって務める。2006年、特攻隊のゼロ戦乗りを描いた『永遠の0(ゼロ)』(太田出版)で小説家デビュー。『海賊とよばれた男』は全国の書店員が選んだ一番売りたい本「2013年本屋大賞」を獲得。ドワンゴで「百田尚樹チャンネル」を始め、月に3~4回、生放送で2時間放送。加えて、月に4回ブログを配信中。主な近著として、「錨をあげよ」「日本国紀」「カエルの楽園」「日本国紀の天皇論」などがある。



令和3年10月21日(木) -298回-  


 
作家・演出家
鴻上 尚史
こうかみ しょうじ

表現とコミュニケーションのレッスン
●1958年愛媛県出身。早稲田大学法学部卒。1981年に劇団「第三舞台」を結成。以降、作・演出を手掛ける。「朝日のような夕日をつれて」で紀伊国屋演劇賞、「天使は瞳を閉じて」でゴールデンアロー賞、「スナフキンの手紙」で岸田國士戯曲賞、2010年には「グローブ・ジャングル」で読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞。舞台公演の他にも、映画監督、小説家、エッセイストなどとして幅広く活動。近著に「同調圧力」、「鴻上尚史のほがらか人生相談 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋」、「『空気』を読んでも従わない」、「コミュニケイションのレッスン」など。



令和3年11月11日(木) -299回-  


 
歌 手
さだ まさし


させぼ夢大学創立30周年記念



令和3年12月05日(日) -300回-  


 
独協大学教授
森永 卓郎
もりなが たくろう

これからどうなる!私たちの暮らし
●東京都出身。東京大学経済学部卒。日本専売公社、日本経済研究センター(出向)、経済企画庁総合計画局(出向)などを経て、現在、経済アナリスト、独協大学経済学部教授。専門は、労働経済学と計量経済学。そのほかに多くの分野で論評を展開している。日本人のラテン化が年来の主張。主な出演番組は、TBS「がっちりマンデー!!」、ytv「情報ライブミネヤ屋」、ABC「キャスト」など、多くに出演中。主な著書では『<非婚のすすめ>』、『リストとデフレ』を皮切りに、近年では「消費税は下げられる!」「森卓77言」など多数あり。



令和4年01月25日(火) -301回-  


 
アーティスティックスイミング 日本代表監督
井村 雅代
いむら まさよ

●夢に向かって
天理大学体育学部卒。10年間の選手生活を経て、1974年よりコーチをはじめ、1978年から日本代表コーチを務める。シンクロナイズドスイミングがオリンピック種目になってから、9大会連続メダル獲得を成し遂げ、多くのオリンピック選手を育てている。中国では中国代表コーチも務め、中国初のメダル獲得に導いた。アメリカ、カナダ、韓国、スペイン等にも講師として招かれ、好成績を収めた。2014年からは日本代表コーチに復帰し、2016年のリオ五輪ではデュエットが2大会ぶり、チームでは3大会ぶりのメダルをもたらした。